FC2ブログ
リラクゼーション なごみ 
  
    お店の情報は こちら からどうぞ



 *:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・





最近、記事の更新回数が、めっきり減ってる中、
いつも、訪問してくださって、すごくうれしいで~す。
ありがとうございます!



今日は、血圧計の話です。

先ずその前に、以前記事にした体重計からです。


体重計と言っても、最近は、

機能が充実して、体組成計が増えています。



要するに、いろいろな機能の付いた体重計です。

体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、筋質点数、体水分率、内臓脂肪レベル、
MBA判定、基礎代謝量、推定骨量、脈拍数
などが測れます。




スマホに、体組成計のアプリを入れます。

スマホのアプリで、管理します。

まず、アプリを起動すると、体組成計の電源が自動で入ります。

(アプリの登録をしていない人は、手でスイッチを入れて、測ります。)


tanita2.jpg
これは、タニタの3年前のものですが、今でも、どこのもだいたい同じです。



こんな感じで測定します。

tanita1.jpg
(画像はタニタのページからお借りしました。)



測定したデータが、Bluetoothで送られて、スマホにすべて記録されます。

そして、毎回のデータを表やグラフで見ることもできます。

スマホについているアプリの歩数計にも、

これで測った体重と体脂肪率が、追加されます。


(ここまでが、2年前の記事をまとめたものです。)




さて、血圧計の話です。

血圧計
日本精密測器デジタル血圧計(Bluetooth対応)


これは一般的な血圧計ですが、Bluetooth対応になったものです。


 <対応 OS>
・iOS 8以降(iPhone 4s 以降)
・Android4.3以降(Bluetooth4.0以上搭載)



スマホに、血圧計のアプリを入れておきます。

測定した、日付、時刻と最高・最低血圧、脈拍を、

スマホの受信ボタン押して、測定結果を受信します。

表とグラフになって、記録されます。




これで、すごい所は、

体組成計の体重と体脂肪
血圧計の血圧

これらが、スマホに入っている歩数計にも、自動で表示されることです。

歩いた後など、歩数計を見て、それぞれの関係性や変化を確かめたりもできます。



手首で測る簡易型の血圧計(Bluetooth対応)は、お手頃な価格で、

種類も豊富です。



いろいろと便利なスマホですが、毎日、持ち歩くものだけに、

健康管理にも役立つのは、うれしいですね。








いつも 訪問していただきありがとうございます。(^^♪

ランキングに参加しています。
ここを、ポチっと、皆様の応援、励みにしています。

  ↓           ↓
 







関連記事
スポンサーサイト



2020.03.21 / Top↑
Secret