FC2ブログ
「病は気から」というが、北海道大学の村上正晃教授(免疫学)らのチームがマウスを使った実験で、ストレスが胃腸の病気や突然死を引き起こすメカニズムの解明に成功した。

研究成果は生命科学専門誌「eLIFE」(電子版)の2017年8月15日号に発表された。慢性的なストレスが消化器疾患や心疾患など様々な病気を悪化させることは経験的に知られているが、分子レベルで発症の仕組みを突きとめたのは世界で初めてだという。

 チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。
 突然死したマウスを調べたところ、脳にある特定の血管部分にわずかな炎症があることを発見。炎症はこの免疫細胞によって引き起こされ、通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調をもたらしていたことがわかった。


今日、こんなニュースが流れました!

 村上教授によると 「同じストレスを受けても、この免疫細胞の量や脳内の炎症の有無によって、病気になるかどうかが分かれると考えられる つまり、同じストレスを受けても、病気になる人とならない人がいる。」ということだそうです。

 ゼラニウム

 経験的に、ある程度わかっていたこととは言え、具体的にメカニズムが解明されたとなると、改めて、健康について考えさせられますね。
 寝不足にならないように、ストレスをため過ぎないように、生活に工夫と、健康への意識をしっかり持ち続けたいですね。

  🍀自分でできる肩こり対策🍀

 肩こりも体がストレスをためている証拠、仕事の合間に深呼吸したり、両手を挙げて伸びをしたり、肩をまわしてみてください。どれもゆっくり大きく行うのがこつです。
 指先のマッサージも、腕のリンパの流れを促進します。(反対の手で、指の第一関節のサイドを挟むようにして、マッサージします。)
 合谷のツボ押しも効果的です。
   
  合谷についてはこちら


取手市戸頭2-42-18
📞080-4899-5500
営業日     火・水・木
営業時間   12:30~21:00(予約20:00まで)

 フーレセラピー(水曜限定)
 アロマ・リンパトリートメント(火・木限定)
           
フーレセラピーのできる店 なごみ  取手・守谷


関連記事
スポンサーサイト



2017.08.18 / Top↑
Secret