FC2ブログ
 アロマテラピーで使用される精油(エッセンシャルオイル)は、一般的には、植物に由来する揮発性の油で、アロマテラピーは、その芳香を用いて、、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とする自然療法です。ムード作りのインテリアの一種としても使われています。
 花やハーブの香りで、気分がスゥーとしたり、身体がシャキッとするのと同じです。

  038.jpg
   

  アロマ・リンパマッサージは、オイルで滑りをよくして、リンパの流れをよくするマッサージの方法です。
ミネラルオイルやキャリアオイル(植物油)をベースオイルとして、精油(エッセンシャルオイル)を希釈して用います。精油は、一般的にはアロマオイルと言われているものです。 
ベースオイルもただ、滑りをよくするだけのものではなく、植物由来の成分でお肌を保湿したり、柔軟にしたりします。
 アロママッサージは、心身ともに深くリラックスしながら、肌やボディのメンテナンスもできるのです。

042.jpg

    ☆ キャリアオイルとエッセンシャルオイルの違い☆
 同じく植物から抽出されるのですが、キャリアオイルはオイル(油)として、エッセンシャルオイルは芳香成分として、それぞれ性格が違います。

次回は、エッセンシャルオイルの種類と特徴についてお話します。


 なごみのメニューはこちら


 
関連記事
スポンサーサイト



2017.08.14 / Top↑
Secret