FC2ブログ
気温の低い、冬場の時期に起こりやすいと思われがちな『冷え症』。
夏には、冷房をつける機会が増え、冷房のきいた部屋で長時間過ごすことで、体調を崩す方が増えています。

 『夏の冷え症』とは?
冷え症とは、身体全体は寒くないのに手・足・腰が冷たい…など、身体の一部分だけが特に冷たくなる状態を指します。
私たちには環境や季節の変化に適応するため、自律神経によって体温をうまく調節する働きが備わっています。ところが、屋外と冷房のよく効いた室内の温度差が激しい夏場は、自律神経系のバランスを崩しやすく、体温調節がうまくいかずに、冷えに伴うさまざまな症状が現われやすいのです。

 そのため、血液やリンパの流れが悪くなり、それが肩こりや腰・足の痛みなどの原因になります。
 もみほぐすことで血行がよくなります。

暑い日には、シャワーですませがちですが、そんな時は洗い桶(足湯用バケツだと足首まで温まります)で10分~20分の足湯をおすすめします。全身の血行が促進され、疲れが取れます。

049.jpg


リラクゼーションサロン なごみ

 もみほぐし・足つぼ・リンパトリートメント・フーレセラピー

取手市戸頭2-42-18
📞080-4899-5500
営業日     火・水・木
営業時間   12:30~21:00(予約20:00まで)

肩こり、腰・足の痛みでお困りの方 ぜひお試しください。
高い技術と豊かな経験を持つスタッフが、お待ちしております。

守谷からのアクセス  294号線を取手方面へ、戸頭消防署を右折。

なごみ地図

関連記事
スポンサーサイト



2017.08.02 / Top↑
Secret