FC2ブログ
最近、気温の変化が激しくて、風邪をひいたり、体調を崩したりしている方が多いですね。
この気温の変化に、体が対応しきれないですよね。

この時期、花粉症でつらい思いをしていらっしゃる方も多いかと思います。
実は、寒暖差アレルギーってこともあります。

以前に書いた記事ですが、よろしかったら参考にしてください。



寒暖差アレルギーって、聞いたことありますか?

寒暖差アレルギー(医学用語では「血管運動性鼻炎」)とは
  温度が7℃異なると起きやすい
  寒暖差→自律神経のバランスが崩れる→鼻炎の症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり

寒暖差は疲労の原因にも!
 (最高温度が前日から3℃異なると、または5時間以内で3℃下がると、ぜん息が起きやすいというデータがあるそうです。)
【寒暖差疲労】
  寒暖差 大
     ↓
  エネルギー消耗
     ↓
    疲労

【症状】  ・ めまい
      ・ 肩こり
      ・ 冷えの悪化
      ・ 食欲不振 

寒暖差 耐性チェック (多いほど注意)
  ①夏の暑さも苦手だが、冬の寒さも苦手だ
  ②冷房や暖房が苦手だ
  ③季節の変わり目に体調を崩しやすい
  ④寒い所から暖かい所に移ったときに顔がほてりやすい
  ⑤顔が一度ほてると、戻るまでに時間がかかる
  ⑥手や足が冷たく感じることが多い
  ⑦冬は体が冷えて寝つきが悪い
  ⑧入浴中、体の芯から温まるのに時間がかかる
  ⑨冬は機能性保温下着が手放せない
  ⑩熱中症に近い症状を感じたことがある  

【寒暖差アレルギーの予防法】として
   睡眠不足にならないことが大事

【寒暖差アレルギーの対策】   
  〇 体を温める食事
  〇 よく噛む→エネルギーを消費、消化吸収を穏やかにする、内臓脂肪を燃焼させる
温度差1

  〇 “ちょっとだけキツイ”動作”
温度差2

  〇 ぬるいお湯にゆっくり浸かる 
ondosa.png

 〈 Nスタで放送された番組の内容をお借りしました。)


リラクゼーションサロンでは、リンパマッサージとか、オイルトリートメントとかというメニューがあります。(なごみにもあります。)
これは、全身のリンパの流れ、血行をよくして、自律神経のバランスを整える効果があります。


このところ、寒暖差が激しい日が多いですが、健康管理に気を付けて、皆様、どうぞお体を大切に!




☆ ♡ ☆ ♡ ☆ ♡ ☆ ♡ ☆ ♡


★元気な体をつくるお手伝い★

リラクゼーションサロンなごみ
取手市戸頭2-42-18
📞080-4899-5500
営業日     火・水・木・金
営業時間   12:30~21:00(予約20:00まで) 

肩こり、腰・足の痛みでお困りの方 ぜひお試しください。
高い技術と豊かな経験を持つスタッフが、お待ちしております。



いつも 応援していただきありがとうございます。
励みにしています。

  ↓     ↓     ↓
 
スポンサーサイト
2018.04.07 / Top↑
Secret