FC2ブログ
リラクゼーション なごみ 
  
    お店の情報は こちら からどうぞ



 *:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・





皇居に行ってきました。

今、皇居では、毎年、秋季恒例の乾通りが、一般公開(11月30日~12月8日)されています。

紅葉がきれいです。



皇居1-2
 (乾通りのイロハモミジ)





今回の目的は、『大嘗宮(だいじょうきゅう)』を見るためです。

大嘗宮の一般公開は、11月21日~12月8日です。


たった2日だけ行われる大嘗祭・・・そのためだけに造られた『大嘗宮』。

一般公開終了後、壊されるという。



大嘗宮の前で、どこかのお父さん、お連れの人に言っていました。「建築費はⅠ億円くらいだな。」と。

いえいえ、お父さん。それでは、ちょっと無理ですよ。

9億円以上だそうですよ。



それが高いのか、それとも平安時代からの歴史と伝統儀式の重みなのか、

それはそれとして、


幻となる前に、見ておくことにしました。





先ずは、東京駅丸の内中央口からまっすぐに進み(15分)、

→お堀で、左に進む。

→坂下門から入る。


皇居1-1


入口付近は、少し混んでいましたが、並ぶほどではありませんでした。




乾通りを進みます。


間もなくの所に、宮内庁庁舎があります。


皇居‐宮内庁庁舎



紅葉が、ちょうど見頃でした。



皇居2
 トウカエデ



皇居1-3



皇居3
 シキザクラ


桜の花が咲いていました。

紅葉の中の桜、

ちょっと贅沢な景色ですね。




皇居4



乾通りから、大嘗宮のある皇居東御苑に、進みます。

西桔橋(にしはねばし)を渡ります。 
  

皇居5



ここから、お堀が見えます。

お天気が良かったので、景色が水面にきれいに映っています。



皇居6




皇居10
江戸城の天守台跡



皇居8
 キッコウチク


よく見ると、不思議な模様の竹です。

昭和天皇の「お印」の「若竹」にちなみ、御所にいろいろな竹が植えてあるそうです。

上皇陛下が、珍しい竹を、大勢の人が見られるようにと、ここに移植されました。




ここを過ぎると、いよいよ、大嘗宮です。



皇居11


皇居12-1


皇居14-1


皇居15



せっかく造られた、これだけの建物、もうすぐ壊すなんて、「もったいない」ですよね。

でも、これも、皇室の伝統的な行事というだけでなく、

一瞬という「はかなさの美学」に込めた、日本人独特の思いなのでしょうか。





大嘗宮公開   12月8日(日)まで (午前9時から午後4時)

皇居乾通り公開  12月8日(日)まで (午前9時から午後3時30分)







いつも 訪問していただきありがとうございます。(^^♪

ランキングに参加しています。
ここを、ポチっとクリックお願いします

  ↓           ↓
 









 
スポンサーサイト



2019.12.06 / Top↑