FC2ブログ
リラクゼーション なごみ 
  
    お店の情報は こちら からどうぞ



 *:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・




浅草のつづきです。


六区通りをそのまま、まっすぐ行くと、浅草演芸ホールがあります。




asakusa12.png
浅草演芸ホール



1年365日、寄席が見られるそうですよ。

ホール前の看板には、出演者の名札が掛かっているのが見えます。

黒字が落語と講談、赤字はそれ以外で「いろもの」と言われます。

「いろもの」と呼ばれる、漫才や漫談、コント、手品、紙切りなどの芸も楽しめます。

(お兄さんの説明を忘れるといけないので、ここはスマホに録音しました。笑)


いろいろと、楽しめそうです。

一度は、寄席に、行ってみたいです。





asakusa13.png
まるごとにっぽん


最近、東京各地に、全国都道府県のアンテナショップが、できています。

各地の名産品や美味しいものを求めて、いくつか行きました。

「まるごとにっぽん」は、そんなアンテナショップの全国バージョンですね。

ここは、ぜひ行ってみたい所なので、行ってからレポートしますね。

(浅草演芸ホールの話の後だけに、「講釈師、見てきたような・・・」みたいにならないように。笑)





asakusa14.png


お兄さん、お疲れ様です。

もうすぐ、到着です。




asakusa15 (2)
浅草文化観光センター



「浅草文化観光センター」は、雷門のななめ前に、あります。

浅草観光では、ここは、おすすめです。

8階は展望テラスになっていて、

無料で浅草のまちや東京スカイツリーが一望できるビュースポットなんです。

この「浅草文化観光センター」の建物は、あの隈研吾氏設計だそうですよ。

平屋を組み合わせたようなデザインです。




ここまでこの記事は、人力車のお兄さんのお話によるものです。

お兄さん、ありがとう!





人力車を降りて、早速、浅草文化観光センターにきました。

こんなすばらしい眺めなんですよ!

     


asakusa17.png

よく晴れていたので、きれいに写りました。



asakusa18.png


雷門~仲見世~本堂の様子が、よく見えます。




長々と、浅草巡り、お付き合いいただきありがとうございました。\(^o^)/ <(_ _)>





いつも 訪問していただきありがとうございます。(^^♪

ランキングに参加しています。
ここを、ポチっとクリックお願いします

  ↓           ↓
 







スポンサーサイト



2019.10.11 / Top↑