FC2ブログ
秋の味覚の一つである“柿”について調べてみました。

全国の柿の生産量が多いのは
1.和歌山県
2、奈良県
3、福岡県

気温が高すぎても甘くなくなり、気温が低すぎると渋みが多くなるそうです。

kaki2.jpg


「柿が赤くなると、医者が青くなる」
というのを、よく聞きますが、どんな栄養があるのか調べてみました。

生の甘柿100gあたり
カロテン 420μg、ビタミン C70mg、カリウム 170mgなど


カリウムは筋肉にとっても欠かせないミネラル
カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧の予防に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

ビタミンAとCが豊富
どの品種にもペクチン、βカロテンをはじめβ-クリプトキサンチン、ゼアキサンチン、リコピンなどのカロテノイド、ビタミンCを多く含みます。ちなみに、ビタミンCは柿1個で一日の必要量をほぼまかなえるくらい含んでいるそうです。疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。

二日酔いに効果
ビタミンCとタンニンには血液中のアルコール分を外へ排出する働きや副腎機能低下を防止する働きがあるそうです。また、酵素(カタラーゼ、ペルオキシダーゼ)がアルコールの酸化、分解を促すため、血中アルコール濃度の上昇を防ぎます。


必見!柿の保存方法

渋柿や不完全甘柿は収穫された後、渋抜きという工程を経て店頭に並びます。これには炭酸ガス法やアルコール法など色々あります。でも、この工程が終わった後も柿は過呼吸状態が続き、エチレンガスを出しながらどんどん柔らかくなっていってるんです。買ってそのまま置いておくと2~3日で柔らかくなって困ることはありませんか。

柿をシャキシャキした食感のまま保存するには、柿のヘタにポイントがあります。柿はこのヘタの部分で呼吸し、ここから水分が蒸発していきます。

保存する時に、ティッシュや化粧品のコットンなどをヘタの大きさに合わせてたたみ、水を含ませて柿のヘタの部分にあてて、そのヘタの部分を下にした状態、ヘタが湿らせたティッシュに乗っている状態で袋などに入れて冷蔵庫に入れておきます。
これで2週間から3週間はシャキシャキした状態のまま保存する事が出来ます。
※NHK ためしてガッテンで紹介されていた方法です。


★元気な体をつくるお手伝い★

リラクゼーションサロンなごみ
取手市戸頭2-42-18
📞080-4899-5500
営業日     火・水・木
営業時間   12:30~21:00(予約20:00まで)

 いつも 応援していただきありがとうございます。
励みにしています。
スポンサーサイト



2017.09.25 / Top↑