FC2ブログ
リラクゼーション なごみ 
  
    お店の情報は こちら からどうぞ



 *:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・





最近、記事の更新回数が、めっきり減ってる中、
いつも、訪問してくださって、すごくうれしいで~す。
ありがとうございます!



今日は、血圧計の話です。

先ずその前に、以前記事にした体重計からです。


体重計と言っても、最近は、

機能が充実して、体組成計が増えています。



要するに、いろいろな機能の付いた体重計です。

体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、筋質点数、体水分率、内臓脂肪レベル、
MBA判定、基礎代謝量、推定骨量、脈拍数
などが測れます。




スマホに、体組成計のアプリを入れます。

スマホのアプリで、管理します。

まず、アプリを起動すると、体組成計の電源が自動で入ります。

(アプリの登録をしていない人は、手でスイッチを入れて、測ります。)


tanita2.jpg
これは、タニタの3年前のものですが、今でも、どこのもだいたい同じです。



こんな感じで測定します。

tanita1.jpg
(画像はタニタのページからお借りしました。)



測定したデータが、Bluetoothで送られて、スマホにすべて記録されます。

そして、毎回のデータを表やグラフで見ることもできます。

スマホについているアプリの歩数計にも、

これで測った体重と体脂肪率が、追加されます。


(ここまでが、2年前の記事をまとめたものです。)




さて、血圧計の話です。

血圧計
日本精密測器デジタル血圧計(Bluetooth対応)


これは一般的な血圧計ですが、Bluetooth対応になったものです。


 <対応 OS>
・iOS 8以降(iPhone 4s 以降)
・Android4.3以降(Bluetooth4.0以上搭載)



スマホに、血圧計のアプリを入れておきます。

測定した、日付、時刻と最高・最低血圧、脈拍を、

スマホの受信ボタン押して、測定結果を受信します。

表とグラフになって、記録されます。




これで、すごい所は、

体組成計の体重と体脂肪
血圧計の血圧

これらが、スマホに入っている歩数計にも、自動で表示されることです。

歩いた後など、歩数計を見て、それぞれの関係性や変化を確かめたりもできます。



手首で測る簡易型の血圧計(Bluetooth対応)は、お手頃な価格で、

種類も豊富です。



いろいろと便利なスマホですが、毎日、持ち歩くものだけに、

健康管理にも役立つのは、うれしいですね。








いつも 訪問していただきありがとうございます。(^^♪

ランキングに参加しています。
ここを、ポチっと、皆様の応援、励みにしています。

  ↓           ↓
 







スポンサーサイト



2020.03.21 / Top↑
リラクゼーション なごみ 
  
    お店の情報は こちら からどうぞ



 *:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・




フォームローラーを、ご紹介します。

筋膜リリースローラーともいわれています。



筋膜リリースローラー
用途に合わせて、長さ、硬さが選べます。
このほかに、手で持って、転がすタイプのものもあります。





自分の体重を利用して、手の届かない体の凝ったところを、

自分で手軽にほぐすことができます。




筋膜とは

筋肉を包んでいる膜で、身体全体にはりめぐらされています。

筋繊維や器官、神経などとも連結していて、

筋肉を保護する作用、筋収縮時の滑りを助ける作用、

血管や神経、リンパ管を支えて通過させる機能があります。

 


筋肉の使いすぎや長時間同じ姿勢を取るなど、

体に一定以上の負荷がかかる状態が続いたり、

怪我などで身体の一部に負担がかかると、

筋膜が自由に動けない状態になります。


すると、

筋膜と皮膚・筋肉との間の筋膜の滑りが悪くなります。

筋肉自体の動きを阻害してしまいます。


 
筋膜を通っている血管や神経、リンパ管などの通過部分が圧迫されて循環障害などが起こります。




筋膜リリースローラー
メーカーの写真をお借りしています。




筋膜リリースとは
 

筋膜は全身につながっているので、ほかの筋肉や筋繊維にまで影響し、

痛みや筋力の低下、柔軟性の低下、がおこります。

筋膜の滑りと筋肉の動きの回復を促すのが筋膜リリースです。



筋膜リリースはストレッチのようにある一定の方向に伸ばすのではなく、

筋膜をさまざまな方向に解きほぐします。

身体の硬い部分、伸びにくい部分に筋膜リリースローラーを当てます。

身体の重みで当てた場所を圧迫しながら、

前後、左右に動かします。

自分で筋膜リリースができるので、

肩や首の凝り、腰痛、足の痛みやむくみ、で悩んでいる方に、おすすめです。

(病院などに通院中の方は、医者に相談してください。)









いつも 訪問していただきありがとうございます。(^^♪

ランキングに参加しています。
ここを、ポチっと、皆様の応援、励みにしています。

  ↓           ↓
 







2020.03.16 / Top↑
戸頭のリラクゼーションなごみ へ ようこそ!

   もみほぐし・足つぼ・フーレセラピー
   アロマ リンパトリートメント

  いつもありがとうございます。(^^♪
  お店の情報は こちら からどうぞ




*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・





自分で手軽にできるツボ押し



 免疫力を高めるのにもっとも効果的といわれているのが合谷(ごうこく)というツボです。

手の甲の親指と人差し指の指骨が交わる部分にあります。




合谷を刺激すると自律神経のバランスが正常化され、ストレスによって低下した免疫力が回復すると考えられています。

また、頭痛、鼻水、脳卒中などの脳血管疾患予防にも一定の効果があるといわれています。

自律神経失調症や更年期障害の対策としても有効とされているため、別名で“万能ツボ”とも呼ばれています。




 逆手の親指を用い、左右両方とも少し強めで気持ちのいい感じに指圧してみてください。

ちょっとした合間の時間に刺激する習慣をつけることをおすすめします。




      合谷








いつも 応援していただきありがとうございます。(^^♪

ランキングの応援クリック、よろしくお願いします!


 

  








2019.03.07 / Top↑
戸頭のリラクゼーション
なごみ
へ ようこそ!

  いつもありがとうございます。(^^♪
  お店の情報は こちら からどうぞ


 *:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・



タニタの体組成計のつづきです。

  
tanita.jpg


iPhone・Androidスマートフォンと連携して

・Bluetooth通信に対応し、対応のiPhone・Android端末にデータを転送。

対応アプリ「ヘルスプラネット」で測定データを管理できる。

(iPhoneは iPhone4s以降の機種、 Androidは一部の機種を除いて、対応しています。)


と説明書に書かれています。



実際、始めてみました。


体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、筋質点数、体水分率、内臓脂肪レベル、MBA判定、基礎代謝量、推定骨量、脈拍数などは、タニタのアプリで確認します。


測定結果と、判定を見ることができます。



説明書で気づいていなかったことで、便利なことがありました。

私の場合、iPhoneについている歩数計を、目標を決めて、毎日、確認しています。


その歩数と歩いた距離の下に、身体測定値として、(体組成計の)体脂肪率と体重が表示されるようになったのです!

これは、手軽に運動量と同時に、体脂肪率や体重の変化を確認できて、体調管理がしやすくなります。



人それぞれで、個人差はあるのですが、私の場合は、体脂肪率があるレベル以上あがると、中性脂肪値と悪玉コレステロールが急に増えることがわかっているので、毎日しっかりみていきたいと思っています。





いつも 応援していただきありがとうございます。(^^♪
とても、励みになっています。
ランキング、よろしくお願いします。<(_ _)>

  
 







2018.07.12 / Top↑
戸頭のリラクゼーション
なごみ
へ ようこそ!

  いつもありがとうございます。(^^♪
  お店の情報は こちら からどうぞ


 *:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・゜✧˖’。*:・




タニタの体組成計を、一年ほど前に購入しました。


tanita3.jpg



最近、体のことが気になり始めたからです。

要するに、いろいろな機能の付いた体重計です。

体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、筋質点数、体水分率、内臓脂肪レベル、MBA判定、基礎代謝量、推定骨量、脈拍数などが測れます。



前に使っていた体重計は、体重、体脂肪率、内臓脂肪レベルが測れたのですが、壊れたので、買い替えました。

でも、今度のは登録が簡単にできず(説明書を見ないでやってたので…)、放置してありました。

ここ1年間は、乗るだけ、ただの体重計になっていました。(笑)



そろそろ、体脂肪率なんかも気になり始めたので、説明書を見て、登録。

やっと、使えるようになりました。

この体組成計の便利なところは、スマホでも管理できるところです。

スマホにアプリを入れて、測ると、すべてスマホに記録されます。

まず、アプリを起動すると、体組成計の電源が自動で入ります。


tanita2.jpg

tanita1.jpg
こんな感じで測定します。(画像はタニタのページからお借りしました。)



測定して、スマホからのデータを確認をすると、スマホにすべて記録されます。

そして、毎回のデータをグラフで見ることもできます。



私は持っていませんが、タニタの通信対応の活動量計や歩数計を使うと、測るだけで自動に転送され、データをまとめて管理できます。

(歩数はスマホで測っています。)



でも、測るだけではだめですよね。

健康管理に、記録を活用していきたいと思います。





いつも 応援していただきありがとうございます。(^^♪
とても、励みになっています。
ランキング、よろしくお願いします。<(_ _)>

  
 




2018.07.11 / Top↑